Pagetop

エレメンタリスト 育成指南

更新

エレメンタリストはSUNの中では唯一の魔法特化クラス。
魔法でも攻撃及び敵の制御を兼ねたエーテルと蘇生及び回復メインのサークルがある。
ここではエレメンタリストの平均的な育成方法をメインに、必要な装備関係をまとめております。
現在は深緑の大樹エリアまではソロプレイを余儀なくされるので、それまでは装備の充実をさせる方法が賢明です。
装備を充実させてから 自己がどんなタイプに育成するのかを考え、それぞれステータス投資(ステ振り)やスキル投資(スキル振り)を行って行く。 但し パーティで楽しくプレイするには、最終的に移動速度が300以上は必要になります。 バフやペットで補ってもある程度敏捷に振る必要があります。

装備について

武器防具

育成序盤では店売りのクォーツシリーズを装備後よりドロップ品で能力が上なものがあればそれに乗り換えていけば十分です。
防具はノーマルでもディバインでも良いが、5次(サガスシリーズ)あたりになる頃より神聖なヘロンの征服者シリーズに切り替えがお勧め。 資金に余裕があればアルティメットエイワーズシリーズを早い段階で装備し(余裕がなければアルテミスシリーズを確保)、その後に深緑の大地エリアに行ける頃までにデスアルテミスシリーズに切り替えて行き、精霊の大樹エリアになるとモンスターが格段に強くなるのでセレネスシリーズ(武器はエリート2か暗黒エリート2)に移行する方が無難です。 防具は深緑の大地まではエンチャントしなくてもなんとか凌げますが、セレネスシリーズを装備してエンチャントを始める方がハイムの消費を抑えられます。
武器はパーティプレイ時に火力がある程度ないと辛くなってしまうので、エリート武器よりその都度エンチャントが必要になります。
対人において
対人ではデスセレネスシリーズ+15をメインで装備し、対人コンテンツにおいてアズシリーズやブラッディアズシリーズをサブ防具として用意しておくと良いでしょう。 武器は最低でもアークエンジェルであるブロテオーブ+15を確保したい。 エレメンタリストは遠距離タイプの為、敵に近づかれたら簡単に死亡するのでワンドよりもオーブの方が良い。

アクセサリー

アクセサリーは用途に合わせて数種類揃えておき、使い分ける方法が良いでしょう。
下級・上級アクセサリーはモンスターからドロップするので 育成中盤に装備しておき(装備しなくても支障ありません)、最終的に特殊アクセサリーや祝福されたシュゼットのソウルアイを揃えるかたちが良いと思います。
下記はそれぞれの平均的な構成ですが、悪霊のネックレスや対人時に使えるカオスアイを併用する形もあるので、自己で良く吟味して欲しいと思います。
火力重視時
祝福されたシュゼットのソウルアイ+セレネスエンペラー+メタトロンエンペラー+覇王(覇者)リング+覇王(覇者)ネックレス(火力安定型)
祝福されたシュゼットのソウルアイ+セレネスエンペラー+デュナミスエンペラー+司祭リング+征服者のリング+覇王(覇者)ネックレス(クリティカル重視型)
通常時
デモンウィング(白か黒いウィング)+セレネスエンペラー+メタトロンエンペラー+覇王(覇者)リング+覇王(覇者)ネックレス(火力安定型)
デモンウィング(白か黒いウィング)+セレネスエンペラー+デュナミスエンペラー+司祭リング+征服者のリング+覇王のネックレス(クリティカル重視型)

これらの他にスローンズエンペラーがあります。 確保してEXなどに赴く時に切り替えて装備しても良いと思います。 デスアルテミスにスローンズエンペラーでしたら補給路遮断作戦あたりまでは凌げると思います。

ペット

ペットも余裕があれば数種類揃えておきましょう。
アクアマーメイドが総合的に良いのですが、多量のハイムが必要になります。
アクアドラゴンを軸にして移動速度が280ない場合は壷きつね。 火力重視にする場合は回転ハムスター(コロッサス)。 ハイム収入にはポポリコ,パージドラゴンやチョビ。 対人では防御系で固めて ひよこ,ホワイトタイガー,ヘルハウンドあたりが理想です。

エレメンタリストの火力や回復力はスキル攻撃力で数値が更に上がります。 各スキルには数値の横に()内に+○○と増加数値があり、これはペットやアクセサリーのスキル攻撃オプションに依存されています。

ステータス投資(ステ振り)

エレメンタリストのステ振りは目的の用途に合わせて数種類存在するが、共通事項として目的の装備要求まで通常はLVアップ毎に知力4,精神1に振り3の倍数のLVアップ時には、知力1,精神4に振るのが基本(目標装備までのステ振り例は下表をご覧下さい)。
目標の装備要求を満たした後より、それぞれのタイプに分かれる。

レベル知力精神備考レベル知力精神備考レベル知力精神備考
125221次武器431511067次武器
シトナルタ武器
85287190DA武器
GA武器
22923 44155107 86291191 
33027 45156111 87292195 
43428 461601128次防具
ヘロンの征服者
88296196 
53829 47164113 89300197 
63933 48165117 90301201 
74334 49169118 91305202 
847352次武器501731198次武器
スラキー武器
92309203 
94839 51174123 93310207エリート2防具
寺院2防具
1052402次防具52178124 94314208 
115641 53182125 95318209 
125745 54183129 96319213 
136146 55187130 97323214 
1465473次防具
森の征服者
56191131 98327215 
1566513次武器571921359次武器
ソウルティカー武器
99328219暗黒エリート2武器
167052 58196136 100332220 
177453 59200137 101336221 
187557 60201141 102337225 
1979584次防具
地下水路の征服者
61205142 103341226 
208359 62209143 104345227 
218463 63210147 105346231エリート3武器
2288644次武器6421414810次武器
ガルア武器
106350232 
239265 65218149 107354233 
249369 66219153 108355237 
2597705次防具
雪原の征服者
67223154 109359238 
2610171 68227155 110363239 
2710275 69238159 111364243 
2810676 70242160エリート武器112368244 
29110775次武器
サイベード武器
71246161寺院武器113372245 
3011181アルティメット72247165エリート防具
寺院防具
114373249暗黒エリート2防具
31115826次防具
竜族の征服者
73251166 115377250 
3211983 74255167 116381251 
3312087 75256171 117382255 
3412488 76260172 118386256 
3512889 77264173 119390257 
36129936次武器
ナークラト武器
78265177暗黒エリート武器120391261 
3713394 79269178 121395262 
38137957次防具
アイオルトの征服者
80273179AA武器122399263 
3913899 81274183 123400267 
40142100 82278184 124404268 
41146101 83282185 125408269 
42147105 84283189暗黒エリート防具
エリート2武器
寺院2武器
126409273エリート3防具

エレメンタリストの場合の共通点として、敏捷470と805でクリティカルが各1%上がります。

敏捷メイン(知力,精神は装備要求のまま)

現在最もポピュラーな育成タイプがこのタイプであろう。
知力と精神は装備要求で止めて 残りを全て敏捷に回すことにより、移動速度,ブロック率を高めたエレメンタリストである。 対人でも狩り専門でも使えるが、ある程度の良品装備がないと火力面や防御面が乏しいのが難点。
高機動力及び高ブロック率で、闇の試練ソロプレイで闇のバーサーカーまでたどり着きやすいのも特徴。

敏捷>体力(知力,精神は装備要求のまま)

敏捷を530前後(移動速度やブロック率上昇点に合わせる)で止めて、残りを体力に振ったタイプ。
敏捷メインにはブロック率や移動速度は及ばないものの、体力上げによる防御力はHP増加により対人でも使えると思われる。

知力>敏捷

敏捷を470前後(移動速度やブロック率上昇点に合わせる)で止めて、残りを知力のみや 知力を大目で体力に振ったタイプ。
敏捷メインにはブロック率や移動速度が格段に低いので、場合によってはデスセレネスシリーズやイズーナシリーズ等がほしくなる。 その反面スキル強化が敏捷系よりもあるので、ある程度の火力が期待できる。 但し パーティ時には移動速度が280前後になる(移動バフやポーションを使って320~340)為、各ミッションのダッシュでは壷きつねやポーションを常に使う必要がある。 場合によっては新大陸のネックレスやリングを確保し アクセサリーも使い分ける必要もある。

知力>精神

装備要求後もLVアップ毎に知力4,精神1に振り3の倍数のLVアップ時には、知力1,精神4に振るのが基本にして振り、スキル強化とMP量を確保したタイプ。
敏捷には基本的に振らない為、移動速度が遅くソロプレイ向け。 MP量は相当あるのでMP枯渇状態になり辛いのが特徴(但しマジックシールド使用時には除外)。

これらの他に体力メインや精神メインに振ったエレメンタリストもありますが、実用に乏しいので省略してあります

スキル振り

エーテル型エレメンタリスト

類稀なる攻撃力を誇り、パーティーでは範囲火力や敵の制御役として活躍するタイプ。
高火力でありかつ、豊富な状態異常スキルを持つので、広範囲に渡って活躍できる。 その反面 ヘイトを稼ぎやすいので、良品装備が必要になる。
対人では火力よりも状態異常をメインに取得した方が良いとされる。
スキルポイントが余った場合、サークルスキルのキュアハンドを取得するのも手です。

サークル型エレメンタリスト

回復,蘇生魔法(サークル)をメインスキルとする後衛支援重視タイプ。
序盤はMP不足にもなりやすいが、ヒーリングサークルを取得した頃より支援での存在感が大きくなる。
火力はエーテル型に比べれば非常に低いが、エーテル側のスキルも取得出来るので、クエスト消化等のソロプレイ時に困る事はない。
難易度が高い狩り場でのパーティプレイでは必ず必要になるので、立ち位置や回復するタイミング,スキル選択が絡んで来る。
防御スキルのマジックシールドは取得しない方が良いとされているが、EXや各上戦の場合に重宝するので 取得するならLV10推奨。 但し 攻撃を受けるとMP減少されるので、MPpotを最低でも大量に持参する事(女神Potがある方が即座にMP回復ができるので女神Pot推奨) 。
スキルポイントが余った場合、エーテルスキルのアイスボルトを取得するのも手です。
また パーティプレイでの操作はマウスでPTM指定は緊急時の回復に若干の遅れが生じ死亡させてしまう可能性がある為、F1~F0キーにてPTMを指定するやり方を早く馴染ませる事も重要です。(サークル型はマウスをそれほど必要としません)

ハイブリッド型エレメンタリスト

ハイブリッド型はエーテルとサークルを共用する為、長期熟成を要する大器晩成型のタイプ
ハイブリッド型は中途半端になりやすく、高スキル取得が出来ない等が絡んでくるので良く考える事。 便利アイテムでスキルCT短縮や攻撃力増加を常にする必要もあり、資金に余裕がない方はお勧めできない。
又 状況などによっての役割分担も把握しなければならなく、高プレイヤスキル,話術等 早い段階から人脈を作る必要がある。

サークル>エーテル型エレメンタリスト

サークルスキルをメインに習得し、その後エーテルスキルも習得していくハイブリッドタイプ。
本格的なのはバトルヒール LV10及び、ヒーリングサークル LV6前後を習得し、その後にエーテルスキルを取得して行く育成方法。
サークル型の代役としても動け、パーティメンバーでサークル型のLVが低い場合や 格上の狩場へ赴く場合、サークル型のサポートとして動ける為 パーティの安定度が各段に増す。 うまくスキル投資すればソニーバインも習得可能。

エーテル>サークル型エレメンタリスト

エーテルスキルを5段までメインに習得し、その後サークルスキルも習得していくハイブリッドタイプ。
グループヒール LV10やバトルヒール LV10を取得できるので、ソロプレイにおいても死亡し辛い。 パーティプレイでもサークル型のスキルCT中の緊急回避にグループヒールが意外と重宝する。

育成指南

まず LV115まではベルトヘンからオクラにクリスタルがあるのでバフを必ず貰ってプレイする事。
バフ効果は受けた直後より90分間で、効果は下記になります(ネットカフェ環境では効果時間及びバフ量がそれぞれ2倍になります)。

  • 移動速度 +5%
  • 攻撃速度 +5%
  • HP +400
  • 基本防御力 +100増加

パッシブは共通事項としてクイックムーブを優先させて、サークル型なら攻撃系,エーテル型は防御系を上げていき、それぞれがLV4になったら順次必要なパッシブを入れ替えLV上げを行う。 最終的に全てのパッシブをLV5にする訳ですが、大体LV150位でLV5に出来ると思います。

大まかな育成はキャラクター育成フローをご覧頂くとして各エリアでの育成を記しております(この育成は平均的な育成の一例です)。

野獣の森

エソッドかベルトヘンのクエストで6~7LVまで上がり、1次ビキナー装備を揃える事が出来き、クエスト報酬やドロップしたハイムで大体LV10あたりになれば店売りのクォーツシリーズを装備出来るようになります。 その後はドロップ品で能力が上なものがあればそれに乗り換えていけば十分です。 但し バトルゾーン 野獣の森が死亡の連続になる場合もあるので、防具は最低でも3次アメジストシリーズや神聖な森の征服者シリーズを装備する方が良い。 各スキルは1段目の最初は双方LV1づつ取得して、その後 サークル型は先にウィンドボルトをLV10に、エーテル型はアイスボルトをLV10にすると良い。

エテレイン地下水路

エテレイン地下水路エリアでは大体4次キャッツアイシリーズか神聖な森の征服者シリーズがあればエテレイン地下水路で苦労しないと思います。
資金に余裕があればLV30になったらアルティメット武器・防具を揃えればヘロンの城あたりまで使えます。 スキル振りは2段目になったら双方1つづ取得し、その後 サークル型はセイクリッドファイアを始めにLV10にし、エーテル型はファイアボールをLV10にすると良い。
エテレイン地下水路から下級ソウルアイやリンク,ネックレスがドロップするので、拾ったら装備しておきましょう。

凍りついた宮殿

アルティメットを装備していれば装備の変更はしなくて良いが、他の場合は地下水路の征服者やエイワーズシリーズを装備していれば辛くないと思います。 この頃になるとスキル3段目が開放されると思います。 3段目は3種類のスキルがあるので そのうちの2種をLV1づつ取得します。 その後LV1にしたスキルを各々LV10にするのですが、サークル型の場合リザレクションをどうするかに悩むと思います。
リザレクションは思い切って取得せず(対人の場合はLV10推奨)にインクワイヤリーとグループヒールをLV10にするのも手です(蘇生は女神を使う)。 エーテル型はソニーバインを優先的にLV10にしましょう。 フレッシングウォールは対人では必要と思われるので、対人重視の場合はLV6以上取得がお勧めです。

竜族の谷

この頃になるとデイブレイクダンサーシリーズもヘロンの征服者も装備可能になっていると思います(アルティメットを装備していれば装備変更しなくて良い)がオクラへは行けないので神聖な竜族の征服者シリーズを確保しましょう。 武器も各エリアのレイドキャプテンの武器を確保した方が火力的にも良いと思います。 資金に余裕があればエリート武器・防具に切り替えても良いでしょう。
この頃にあるとスキルの4段目が開放されると思います。 4段目も2種類あるので双方をLV1取得します。 その後ですがバフを優先的にLV10に上げていくのがお勧めです。 エーテル型はスキル攻撃力が上がるのと、サークル型は移動速度が上がって行きます。 また上級ソウルアイやリンク,ネックレスも竜族の谷エリアでドロップするので、拾ったら装備しておきましょう。

アイオルト共同墓地

ヘロンの征服者やアルティメットを装備していれば装備変更しなくても良いが、ない場合は未完のアルテミスシリーズが苦痛の墓地のクエスト報酬やギルドコインとの交換で揃える事ができます。 カルバス特殊アクセサリーはLV80で装備できるので、装備したいところです。
カルバスの特殊アクセサリーは属性攻撃増加があるのですが、スキル使用頻度が高いスキルの属性を考慮してが良いと思います。 祭壇のリンク,ネックレスは各ミッションのボスから稀にドロップします。 出来れば装備したいところです。
LV90になったらベルトヘンとトリンゲルにてデイリークエストが発生しますので、出来る限り消化しておきましょう。
このデイリークエストは後にLimitedや祝福されたシュゼットのソウルアイが得られる重要なコンテンツです。

ヘロンの城

この頃になるとセレネスシリーズが装備できると思います。
資金に余裕があれば是非とも装備したい(余裕がなければデスアルテミスシリーズでも良い)。
セレネスシリーズの要求を満たしたら、自己がどのタイプにいくか良く考えて各ステータスを振っていきます。
以降に深緑の大地が控えているので、敏捷を上げて移動速度を上げた方がパーティプレイでフラストレーションが溜まり辛いと思います。

深緑の大地

このあたりで必要なスキルを大体習得できると思います。
装備はデスアルテミスを装備していれば問題はないと思います。 今までソロプレイがほとんどでしたが第一拠点確保からパーティプレイができると思います。
ソロプレイで無理な場合は、叫びでパーティ募集をしましょう。

精霊の大樹

精霊の大樹になるとモンスターが格段に強くなっています。 パーティのみでしたらデスアルテミスシリーズでも凌げますが 古代人の安息所でのクエストや、精霊の大樹初クリア後に発生する古代人の安息所でのデイリーミッションはソロプレイを余儀なくされる事が多々あります。
デスアルテミス+12にスローンズエンペラーでも敵に囲まれるとウッカリ死亡してしまう事があります。  古代人の安息所までにはセレネスシリーズを装備してエンチャントして行った方が懸命です。

ページのトップへ